CSR活動

信頼される企業であり続けるために

〈 コンプライアンス基本方針 〉

私たち東洋ナッツ食品株式会社は企業社会・地域社会の一員として、
法令・規則の遵守はもとより社会倫理に適合した公正で誠実な事業活動を通じて
お客様に安全・安心で質の高い製品を提供し
健康で心豊かな社会の実現に貢献することをお約束いたします。

安全・安心

私たちは東洋ナッツ食品の経営理念・品質方針そして法令に基づき、産地からお客様のお口まで続くフードチェーンの一翼を担う食品メーカーとして開発・企画から販売に至るまであらゆる過程で安全・安心・公正を追求します。

環境への取り組み

私たちは地球環境を形成資源のひとつとして認識し、省資源・省エネルギー型の事業を構築することにより、事業活動の環境への負荷を抑えます。

地域・社会のために

私たちは、アーモンドを通じての社会貢献活動を1978年から続けています。カリフォルニアの得意先から譲り受けたアーモンドの苗木を、風土の違いに戸惑いながらも立派なアーモンドの樹になるまで育てながら、アーモンドのことを多くの人達に知ってもらおうと「アーモンドフェスティバル」を始めました。

業界発展のために

創業者 故中島泰介らが中心となり「日本ナッツ協会」を1993年5月18日に設立しました。協会は業界の発展とナッツ類の普及啓蒙活動に日々努めています。

2度の震災を乗り越えて

2011年3月11日(金)に発生した東日本大震災に際し当社の取った行動について