採用情報

社員の一日

フロンティア開発室 阿部 裕子さん

お客様の声からいずれは当社の“骨”になる商品へと育てていきたい。
現在の仕事の内容を教えてください
商品の企画開発です。主には新商品や既存商品の中身の“設計”に携わっています。マーケティングや営業部署、あるいは自分自身で発想した商品のアイデアを、具体的なカタチへと昇華させる仕事です。いかに安定的に生産するかを考え、テストを繰り返しながら良いものに仕上げます。また、出来上がった新商品のPRのため、商談に同行したり、売り先企業様でお客様の前に立って新商品の案内セミナーを開講したり、と、とても幅広い仕事に関わっています。お客様の声を受け止めて改良を加え、当社の骨になる商品へと育てていきます。
入社して「楽しかったこと」または「苦労していること」を教えて下さい
楽しい事はやはり自分が開発した商品を世の中に出して、お客様に召し上がっていただけるという点です。“美味しかった”や”また買います”といったお言葉をいただけると本当に嬉しいです。 苦労している事は総合力が求められる点です。開発業務は企画・営業・生産とあらゆる部署と関わりを持って調整しながら進めていくものなので、普段からの社内コミュニケーションは欠かせません。また新商品アイデアのため市場のトレンドや他社動向も把握しておく必要があります。常にアンテナを張っておくのは楽しいと同時に大変です。
なぜ東洋ナッツ食品を選びましたか?
もともと食べることが好きで、ナッツも大好物でした(笑)。そんな美味しいナッツを日本に広めたパイオニア的企業ということで単純に驚き、どんな会社なのか興味が湧いたんです。今や私たちが当たり前にように食べている”ナッツ”ですが、創業当時はまだまだ異国の馴染みのない食品で、国内に浸透させるのには相当なパワーが必要だったと思います。それを成し得る底力のある企業なのかなぁ、と。あとは面接が始終穏やかな雰囲気で、風通しの良さも感じられたので、ここなら働いていけると思い入社を決めました。
東洋ナッツ食品で働く一番の魅力を教えて下さい
先ほども申し上げた“底力”ですね。普段はどちらかと言うと自由な社風の会社なのですが、一致団結するときは通常見せないようなパワーを発揮します。最もわかりやすい例は年に一度当社が開催しているアーモンドフェスティバルです。今や神戸の風物詩となって2日間で2万人超も訪れる大イベントなのですが、運営はほとんど当社の社員で、普段あまり関わりのない他部署の方や業者の方々と協力して3ヶ月程度で作り上げています。食品製造業とは畑違いな仕事も多々ありますが、それを経験と協力で乗り切っています。このオンとオフのバランス、オンの時の結束力が当社の魅力だと感じます。
中堅社員を目指して
バランス感覚をもっと伸ばしていく必要があると日々感じます。様々な部署や企業の方々と関わり、仕事の幅も広いので頭が混乱してしまうこともあります。その際には必ず“お客様のためにどうするべきか”という原点に立ち返り、速やかに判断、行動することで時間を無駄にしないようにしたいです。また、忙しくても周りの方々への思いやりを忘れないようにすること、商品は会社全体で作っていくものなので、非常に重要なことだと思います。
1日のスケジュール
08:30出社・朝礼
メールの確認や1日のスケジュールを確認します。開発は各人会議や外出も多いので朝のうちに部署内で情報共有します。
10:00試作
会議に向けて新商品アイデアのサンプル試作。味はもちろんですが、量産も見据えて材料や調理方法を検討しつつ作ります。
13:00デザイン担当と打ち合わせ
新商品の商品ラベルについて。デザインは商品の顔。開発者として新商品に込めた想いを伝えます。
15:00工場での計量テスト
新商品の現場での計量適性をチェック。現場のパートさん達にも無理なく作業ができるかヒヤリング。
17:00テスト後の出来上がりサンプルの移動と整理
出来上がったサンプルは試験などに回すのできちんと管理。
18:00退社
明日の予定を確認し、退社します。

品質管理室 三好 まどかさん

仕事は多くの人との協力。自分だけではなく、広い視野で仕事をすることがやりがいに。
現在の仕事の内容を教えてください
私が主に携わっている業務は、「品質管理」と「品質保証」の仕事です。 「品質管理」の仕事では、不良品を市場に出さないために、原料・製造工程内・最終製品等の様々な段階で品質検査を行っています。また、「品質保証」の仕事では、お客様へ提出する製品の規格書の作成や、製品のパッケージに記載される原材料等の食品表示の作成を行っています。その他の業務として、食品の安全に関する国際規格である「FSSC22000」の取得に向けた業務にも携わっています。
入社して「楽しかったこと」または「苦労していること」を教えて下さい
楽しい事でも苦労している事でもあるのですが、品質管理室の業務を行う上で、食品表示法の知識であったり、原料・製品の知識であったり、色々な知識・情報が必要となってきます。学んだことを直接仕事に活かせることは楽しいですが、常に新しく正確な情報を身につけなければいけないことは大変でもあります。大変な分、やりがいも感じています。
なぜ東洋ナッツ食品を選びましたか?
食品工場の品質管理で働きたいと思い、就職活動をしていました。その時に当社のことを知り、アメリカのナッツ農場など海外まで出向いて品質をチェックしている事や、「パーフェクトフーズ」と呼ばれるナッツ自体の可能性の広さに魅力を感じ、当社で働きたいと思いました。
東洋ナッツ食品で働く一番の魅力を教えて下さい
さまざまな事を経験し、学ぶことができる所です。社内には「資格取得奨励制度」や「通信教育制度」があり、危険物取扱や食品表示の知識等、必要な知識を学ぶための後押しをしてもらえます。また私は現在「FSSC22000」取得のための業務にも関わらせてもらっており、自部署の仕事だけでなく、広い視野で仕事をできることがやる気にも繋がっています。
中堅社員を目指して
自分ひとりでできる仕事は少なく、ほとんどの仕事は多くの人と協力して進めていきます。今後は、他部署とより密にコミュニケーションをとり、多くの人を巻き込み、協力して仕事を進めていけるようにしたいです。また、自ら進んで業務の改善を行い、会社に貢献できる人材になりたいと思っています。新人・後輩を指導する立場にもなりますので、先輩としての自覚を持ち、人材育成のためのスキルも身につけたいです。
1日のスケジュール
08:30出社・朝礼
メールチェック。朝礼では1週間のスケジュールの確認、情報共有を実施しています。
10:00デスクワーク
原料の規格書の確認や、社外に出す品質保証書類を作成します。
13:00工場巡回・検査
製造工程のチェック、製品の品質検査・官能検査を行います。
15:00デスクワーク
新製品、リニューアル製品の食品表示の作成・確認を行います。
17:00日報記入
1日の振り返り。明日の予定も確認します。
17:15退社

営業部 (関西支店) 池田 義明さん

商品知識だけではない。お客様に心の底から 信頼していただける営業に。
現在の仕事の内容を教えてください
関西圏を中心に、食品卸問屋さまを通じて量販店様、百貨店様等へ商品の提案を行っています。営業と聞くと「商品をガンガン売り込みに行く」というイメージもありますが、実際に売り込んだ商品を採用いただいて店頭に並んだとしても、必ずしもお客さんに購入していただけるとは限りません。「あの売り場に並べると売れそう」「客層から考えるとこの商品では難しいな」など調査・分析し、商談において最適な商品や戦略を提案する能力が求められる仕事です。
入社して「楽しかったこと」または「苦労していること」を教えて下さい
仕事を覚えたての頃は思うように商品提案ができずに苦労した記憶があります。ですが、ルート営業では既存のお客様と定期的に商談を重ねながら話を進めていくため、すこしずつ信頼関係が生まれていくのを実感できます。仕事以外のとりとめのない話もできるくらい密接な関係になれれば、情報交換も企画の提案もスムーズになります。最近ではまずお客様と仲良くなることを第一目標に、”自分自身を売り込む”営業スタイルで臨んでいます。とても仕事が楽しくなりました。
なぜ東洋ナッツ食品を選びましたか?
”自社商品を持つ”ということに憧れがあったので、就職活動をするうえで「メーカーに就職したい」という思いは譲れませんでした。どんな仕事をしているか聞かれたときに「こういうものを作っています!」と胸を張って言えたらかっこいいなあという気持ちがあったので。中でも東洋ナッツ食品はナッツの輸入・加工・販売にいち早く取り組んだメーカー。どこにも負けない強みと自信があります。面接の際にお会いした社員の方々の生き生きとした姿や、職場の温かそうな雰囲気も決め手の一つでした。
東洋ナッツ食品で働く一番の魅力を教えて下さい
社員一人ひとりのナッツに対する情熱。そして個性の強さではないでしょうか。企画も、開発も、工場の方々も…ナッツへのこだわりや誇りを語りだすと止まりません(笑)。そんな思いを受け取ってお客様のもとへ商品を届ける営業という私の立場は、これ以上ないやりがいです。
1人前になるために
お取引先のお客様に東洋ナッツ食品ですと挨拶すると、「ああ、○○さんは元気にしていますか?」と過去に担当していた先輩方の名前が上がることがあります。いつまでも覚えて頂けているということは営業冥利に尽きますよね。商品知識だけを取り揃えても1人前の営業マンとはいえません。「いつもお世話になり、ありがとうございます」と心の底から言ってもらえるよう、東洋ナッツ食品の顔として日々営業活動に励んでいきたいです。
1日のスケジュール
08:30出社・朝礼全社朝礼
各拠点にもTVで接続し、情報を共有します。
10:00商談1
この日は得意先へ訪問し、花見やクリスマスなどシーズンに合わせた売上計画案について、打ち合わせを行います。
13:00商談2
別の得意先にて、新商品のご案内と最近の他社動向などの情報交換を行います。
15:00市場視察
現在の導入状況や他社の新製品、売れ筋などをチェックします。
17:00社内業務
メール返信、商談見積書作成、日報記入。
18:20退社

製造部 矢野 太一さん

1人でラインを仕切られる人に、居なくては困ると言われる存在になりたい。
現在の仕事の内容を教えてください
個包装製品の生産設備のオペレーションを行い、生産管理に携わっています。しっかりと品質保持を行える様、毎日厳しい目線でチェックし、安心安全な製品を作る事を目標に日々の業務に励んでいます。
入社して「楽しかったこと」または「苦労していること」を教えて下さい
3月に行われるアーモンドフェスティバルはとても楽しいイベントです。普段は工場の中にいて、直接お客様にお会いする機会はありません。しかしこのイベントでは、直接お客様にお会いする事が出来、その中で自分が普段製造している製品がおいしい等お褒めの言葉を頂いたり、日々の生産では気が付かない事に気が付く事が出来たり、楽しくやりがいを感じています。苦労している点はいかにロスを減らし、効率よく生産する事が出来るのか毎日考えて実践している事です。
なぜ東洋ナッツ食品を選びましたか?
学生の頃から食品会社で働きたかったからです。その中でアーモンドフェスティバル等のイベントを行っていたり、地域密着型であるこの会社に興味がありました。
東洋ナッツ食品で働く一番の魅力を教えて下さい
老若男女問わず人気のあるナッツに携われる事です。昨今の健康ブームもあり、親戚や友人との会話でも盛り上がります。また毎月行われる勉強会を通し知識を深める事で自信をもって自社製品を勧められるところです。
1人前になるために
目標は1人でラインを仕切られる人になる事です。生産は1人で行うものではありません。機械を見る人、流れてくる袋をチェックする人、内箱に入れる人等色々な人の手をかけてやっと製品になる。逆に人がいないと生産する事も出来ません。同じ部署で働く全ての方々の見本となり、居なくては困ると言われる位になりたいと思います。又工場だけではなく他部署も経験して、一回りも二回りも大きな人になれる様に頑張りたいと思います。
1日のスケジュール
08:30出社・機械稼働準備
毎週月曜日は全社朝礼。今日は朝礼当番、前の日からスピーチの内容を考えます。
09:10ツールボックスミーティング
その日の作業内容を確認し安全唱和を行います。製品に不備がないか確認をしてチェックシートに記入します。
09:30機械稼働・製品点検
生産中のトラブル等の対応も行います。
12:30休憩・昼食
社員食堂にて昼食を取ります。
13:15機械稼働・製品点検
機械を稼働し朝と同じチェックを行います。
15:00翌日の準備
翌日使う包材などの準備をします。
17:15退社
今日も一日お疲れ様でした。