CSR活動

2度の震災を乗り越えて

EARTHQUAKE

阪神淡路大震災で被災

1995年1月17日、阪神・淡路大震災に見舞われ、当社も例外ではなく被災しました。本社工場は液状化で操業できない状態に陥りましたが、創業者 故中島泰介の「一日も早く工場の煙突から煙を出せ」の号令を受け工場再開に社員一丸で邁進し、わずか一週間で稼働・出荷を果たしました。


  • 液状化のつめ跡

  • 液状化により敷地全体が沈み工場そのものが浮き上がった

東日本大震災への支援
〈 2011年3月11日(金)に発生した東日本大震災に際し当社の取った行動について 〉

アーモンドフェスティバル

我々は、震災の翌週末19日(土)・20日(日)にアーモンドフェスティバルを控え準備を重ねていました。

震災後、東京支店勤務社員の安全が確認され週末を超えて14日(月)を迎えました。

その頃には震災被害の大きさに世の中はすっかりと「自粛ムード」に覆われていました。
当然当社のアーモンドフェスティバルを開催するかどうかという問題が持ち上がり、最初の判断は「阪神大震災を経験した我々は、神戸以外が被災していなかったから早く復興できたのだ。だから阪神大震災経験者の我々は感情論に流されて自粛してはいけない。」とあくまでも予定通りの開催をすることとしました。

しかし、事態は刻々と変化していきました。首都圏を中心に消費者が食糧買い集めの行動に走ったため、得意先から「物がない。別の物でもいいから供給してくれ」との要請が相次いぎました。

その納入に応えるためには、平日の残業以外に土日にも生産しないと間に合わないということがわかり、平時の緊急オーダーであれば断るところですが、震災という非常時への対応を優先しました。

15日になって、19日(土)・20日(日)は工場生産に切り替え、アーモンドフェスティバ ルを止む無く中止することにしました。

フェスティバルでの販売用に在庫を多めに確保していたことが緊急オーダーの役に立つ事になりました。

さて、フェスティバルの告知・案内はすでに各方面に発送されています。急遽フェスティバル中止の告知を行いました。

しかし、中止告知がどの程度伝わるかは不安でした。
「中止を知らずに来られる方はあるだろう」、また「東日本で物がない」からフェスティバルを中止しているので会場で「ナッツを販売する」ことはおかしいと考え、当日は「お茶だけを提供する」庭園開放の準備をさせて頂き、工場生産に携わらない社員で対応することにしました。

深江駅前には中止の案内とバスがないことをお知らせするため社員が立ち、フェスティバルに代えて庭園開放を行った結果、約3,500人の方が来場されました。

その折には、例年のフェスティバルと違い一人ひとりの方とゆっくり語らう時間をもつ事が出来ました。その時に一番多く聞こえてきたのは「ほっとした」という声でした。

東日本大震災以降すべての報道は震災一色となり、
後にテレビによるPTSDとまで言われたほどに、映像で流れてくる場面は悲惨な街の姿と悲しい被災者の声ばかりでした。

そしてわが地域においてはその映像はテレビの向こうの世界ではなく、多くの人が1995年、16年前の阪神大震災の自らの体験をフラッシュバックさせていました。

例年であればこの時期は春の足音がニュースに流れ、冬から春になる明るい気分の時期です。

南の国で桜が咲いたり、幼稚園で卒園式があったり。
入学準備もすっかり整いました・・・等々。しかし、提供されるのは土色と灰色、壊れた街並みと瓦礫。

そんな中で当社の庭園開放に来られた方は「花を目にし」気持ちが和らいだとおっしゃって下さいました。例年にも増して、2011年は花がよく咲いていました。

声をかけた方の中には、「阪神大震災で全財産を失った」という方もいらっしゃいました。怪我もされたそうですが、その後回復され今は周囲の支えで元気に暮らせるようになったから、毎月少しづつ寄付をしている、といった方もいらっしゃいました。

花の力の大きさとともに、希望を持って災害を乗り越えることの大切さを身に感じた二日間でした。

支援物資の供給

震災から10日余りして、生産に余力ができ始めました。
阪神大震災時に全国からの支援物資で生活をさせて頂いた我々としては、できる範囲でその恩返しをさせて頂くのが人の道です。

世間では義援金の募集がどんどんと始まっていました。しかし、被災地で今必要なのはお金じゃない。
いずれお金は必要だろうが今必要なのは食べることと当面住むことです。

幸い我々の製品は災害時の非常食としては扱いやすいし栄養豊富だから、なんとか送りたいし、多くの人に行きわたるようにするにはポーションサイズがいいと考え、ナッツやハニーピーナッツなどのポーション製品を支援物資とすることにしました。

在庫にあったそれらのものでは少なすぎるので、2ラインを1日稼働して支援物資の製造を行いました 。

ただ、阪神大震災経験者としては、単に物を送るだけではなく、同様の震災を経験し10年かけて復興した地からの心も送りたいと考え、ポーションの箱に手書きのメッセージを封入することにしました。

社員もパートも、またその家族にも手伝ってもらい、準備したメッセージカードに書き込みを行いました。

実は問題はここから先にあります。
行政は県を窓口に支援物資を受け付けていましたが、阪神大震災の経験上、行政の物資はバランスよく届かない、非常に偏って届けられるし被災地の周縁部までしか届かないだろうとの思いから、「直接届ける機能」を探しました。

その結果、個人的なつてやネットも活用して様々なボランティア団体を探し、そこを通じて送り始めました。

中小企業同友会、青年会議所、神社や寺、現地の高校、また現地で被災しながら地域活動している個人・・・。

完全に満足できる結果とは言えませんが、当社のできた精一杯でした。

また、支援物資は当社製品だけではなかったのです。
かねてから「こんなに堅牢なダンボール箱は日本にはない」と取り置いていたニコラス社のピスタチオの空き箱も淡路から直接ワゴン車で現地にボランティアに往復している個人に託しました。

被災し体育館などで集団生活をする人にとっての間仕切りやタンス代わりに重宝されたと聞いています。

その後、数か月たって、当社の支援物資を受け取った方から何通もお礼状を頂きました。

アーモンド苗と種の提供

個々のケースではありますが、アーモンドフェスティバル用に準備していた苗木とアーモンドの種を送りました。

震災被害は東北に留まらず、関東方面でもかなりの被災がありました。
震災から4年がたち、それらの苗や芽が育ち、春先に花を咲かせてくれればと思っています。